.

「スプレッド」とはFXは二国間の通貨をトレードして利幅を生む取引です。取引の価格は四六時中変化しています。それがマーケットです。テレビを見ていると、ドル円やユーロ円の話題が流れるケースがあります。よくあるのが「今の為替相場は80円50銭から52銭で取引されています」という具合です。これは80円50銭から80円52銭の間で買ったり売ったりされているという訳ではなく、ドルの買値が80円52銭、売値が80円50銭ということを表現しています。言い換えると、外為取引には買値と売値の価格があるという事です。売値、買値の事を別の言い方で提示している業者もあったりします。普段は売値が低く決められています。私達が買値は高く、売値は低くなるのです。その差分をスプレッドといい、取引会社の稼ぎのひとつとされています。スプレッド幅は業者によって変わります。スプレッドはあなたにとって費用になるので小さいFX会社を選んだほうが儲けられます。ただ、同じFX業者でも状況に応じてスプレッドの幅は変化します。日常的にはドルと円の通貨ペアでわずか1銭のスプレッドの狭さだとしてもマーケットの上下動がとても激しい場面では広くなったりするのです。そのため、スプレッドが低いのと同じく、変わらないということが大事です。現在では変化しないスプレッドを示す業者も存在します。リアルに業者の売り買い画面上で現実の市場を確認しなければ判別できないのでわずらわしいですが重要な事です。多くの資金を投入して注文しますので、現実の売り買いの前に、魅力的に思えた業者の口座開設を試して、提示されているスプレッドを知っておきましょう。同じ通貨でも、その瞬間の相場の変動率(ボラティリティ)によって通貨のスプレッド幅は異なる場合があります。普通は、インターバンクで取引量の多い、流動性の高い通貨の組合せではスプレッド幅が小さく、他のペアではスプレッドの差が広がるのが一般的です。