.

重量税は国産車あるいは外国の車という車の生産している国やプラグインハイブリッド車、セダン等車体も全て同じで、等にも普通に負担をしなくてはいけない税です。新車登録をする時、または定期車検の場合に納付するものになります。この支払金額は車の重量毎に決まっています。「自動車重量税」と「自動車税」という二つの税金は完全に違う税ですので、基礎を学んで一緒にしないようにしなければなりません。「自動車重量税とは車の車重により」「自動車税というものはクルマの総排気量で」税額が違います。そして、売却する時の待遇も違いますから、注意が必要です。車の買い取りの時には支払った自動車の額がどれだけ残っていた場合でもその額が戻ってくることはありませんが、一方、自動車税であれば、支払い済みの残存税額を買取額に乗っけてくれるという事例がありますが重量税については足されるケースはあまりないのが現状です。重量税の場合は、いくら支払った金額があるとはいえ自動車買取専門業者の方でそれが材料になることはまずないのです。そのため次の支払い、つまり次回の車検まで処分するのを少し保留し買取っていただくという手法が最も良いと思います。車の引き取りの際は考慮してもらえない重量税ですがある条件の事例では戻ってくることもあるのです。それは車検期間が残ったままの車を廃車にしてしまう際です。つまり廃車登録をした時に残存期間に応じた重量税が返ってきます。しかし、中古車買い取りの時はその車が廃車になるのとは違うので返ってきません。さらに売却する自動車の名義の変更をしてしまったケースや、盗難被害に遭った際も還付してもらうことはできません。自動車重量税が残っている期間がある自動車を売却するイコール車検期間が残っている中古車ということになります。そういったことを買取店も忖度しますので、重量税が残存していれば少しは売却額が増えることでしょう。当たり前ですが、売却額は業者次第でまちまちなのですが、車検期間がまだある事実を計算に入れてもらえば車の買取金額からみるとそんなに割に合わないということもありません。