.

自動車を手放す際や、さらに車の買い取りの際も印鑑証明というものが必要です。この印鑑証明に関して説明しましょう。印鑑証明書とは、ある印鑑に対して、それが実印として効力を持つことを証明する目的を持つ書類です。印鑑証明がないと、その印鑑が実印であるという事実が実証できません。高額な商談になる自動車の売買ですので、実印が必要になりますがそれと一緒に印鑑証明書が要るのです。印鑑証明をつくるには発行前に印鑑証明をしておかなければなりません。印鑑証明に登録するはんこは実印と呼ばれ世界で唯一のはんこである必要があります。実印を持って、最寄の市町村役場の受付へ出向けば、印鑑登録をすることができます。手続きが終わると、印鑑登録カードなるものが発行されその印は実印として認められたということになります。印鑑証明を交付してもらうには、役場の案内係で、印鑑登録証明書交付申請書という書類に必要項目を書き込んで印鑑登録カードを持参するだけで大丈夫です。そして自動交付機を使って交付する事が可能です。印鑑証明には有効期限などはないのです。そのため、いつ取得した印鑑証明だとしても印鑑証明としての効力は持続するのです。ただ自動車売却のときには、必須条件として現在より3ヶ月以内に発行されたものでなければ無効になります。基本的には有効期限の定めはないですがクルマ売却時には買い取る側が有効期限を定めていますので、仮に車の売却の予定がある場合は買い取りが成立する前に用意しておくことが必要です。