.

ランボルギーニは、戦後に軍放出のトラックの販売やトラクターの製造販売などで財を成した “フェルッチォ・ランボルギーニ” が、趣味で乗っていたフェラーリのトラブルへの対応の悪さに疑問を抱き、満を持して興した新興メーカーでした。http://shoptuixachthoitrang.net

その名が世の中に轟いたのは、'63年のトリノショーでのことで、そこに展示されていたのはランボルギーニ初の市販モデルとなるべく発表された “350GTV” でした。黒汁

フェラーリに先駆けた4カムV型12気筒3.5リッターエンジンを搭載、リトラクタブル・ヘッドライトを採用した低いノーズや最高速度280km/hというデータを公表して注目を集めました。カポジ水痘様発疹症

しかし、スカリオーネによるボディは実に未来的であったものの、フェルッチォはそのデザインに満足せず、販売予定は撤回され、カロッツェリア・トゥーリングがモディファイをして、翌'64年のジュネーブショーで “350GT” を発表、市販が実現しました。ポリピュア

私個人的には、オリジナルデザインの方が好みですが。強迫神経症