.

一般的なはじめたばかりの人向けのFXの本では「損失が生じた状況ではナンピン買いをすることで、ポジション全体の買い付け価格を小さくする事が出来る」等アドバイスしている事もありますが、正直に言うとそこには目に見えない隠れたリスクが潜んでいます。化粧水 肌荒れ

まず、ナンピン買いのやり方について易しく説明します。ちんこサプリってなんだ?どうやらサイズを大きくするやつらしい

例として1ドル100円でドルを買ったとします。浮気したいアプリ

$(ドル)買いですので、円安になるほど儲けが大きくなりますが、不幸にして1ドルが95円まで円高方向に触れたとします。フィンペシア

そのままの状況で保持し続けたとしたら、損がなくなるまでには、円高になった分円安に向わなければなりません。ニキビ なぜ

みんな、損失は出来るだけ早く無くしたいと願うでしょう。レフィーネ 口コミ

これを解決するためはじめに売買したのと同じ額のドルを1ドル=95円で買います。ちゅらトゥースホワイトニング 口コミ

これで、ポジションの平均の単価は97円50銭まで引き下げることができます。プジョー 207 CC 買取価格

要するに、2円50銭の幅でドル高が進むと、マイナスを回復できる。センスエピX 口コミ

この流れがナンピン買いの手法です。車の色 事故率

こういうふうに、ナンピン買いの理論をみると、「ごもっとも」と考えるが、為替相場は容易には問屋を卸してくれない。

1ドル=95円が下限だとということなど分かりません。

もし、市場が強い円高ドル安地合だとしたら、1ドル=95円では収まることなくより一層円高が加速するリスクはあります。

1ドル97.50円でナンピン買いをした場合に、95円までドル安が速んだらナンピンを入れたポジションも、マイナスが生まれてしまいます。

こういう状態では一番初めに買ったドルとあわせてより大きな損を被ることになる。

それゆえ、ナンピンは大変です。

それでは、マーケットが自身の物語とは逆向きに素早く向ってしまった場合どのような対応でリスクを管理すればいいのでしょうか。

そういう時には選択する道は2つあります。

最初のひとつは執着しないで、ポジションを閉じる事です。

別の方法としてはその時点で、保有している買いポジションを縮小することによって再び市場が戻るのを大人しく待つ事です。

ずいぶん受動的な対策だとみる人もいると思います。

だがしかし、持っているポジションにマイナスが出た場合、適切な方法はこれよりいいものはあるはずがありません。

なるほど、理論上は、ナンピンを入れるという考え方もあるように思える。

しかしながらナンピンは自分か損をしているのに買いポジションを無くすどころか遂にポジションを重ねていく対策です。

この手法では、危機を管理することなど、無謀だと思ったほうかいいだろう。

ナンピン買いを続ければいつかは勝てるかもしれない。

だが、そうなる前にお金は無くなってしまいます。