.

特定調停による処理も任意整理による処理と似ていてそれらのお金の貸し手へ返金を続けることを前もって決めた債務の整理の形のことをいいます。80-18-5

他の表現でいうなら裁判所における負債の整理といえます。80-6-5

任意整理による解決と似ていますが自己破産とは違って一定の負債だけを処理していくことができます。80-2-5

そのため他に連帯保証人が関係している契約を除いて整理をする時や住宅ローンを除き手続きをしたい場合などにおいても適用することが可能です。80-15-5

全ての資産を手放すことは求められませんので、マイカーや有価証券自分の資産を持っているけれど手放したくない場合でも有力な選択肢になる借金整理の手続きです。80-14-5

いっぽう、手順を踏んだ後返済していく額と実現可能な手取り額をかんがみて常識的に見て返済の計画を立てられる場合においてはこの方法で手続きを進めていくほうが良いです。80-8-5

破産宣告と異なり負債そのものが消滅してしまうわけではありませんので元金の量がかなりある場合には、残念ながらこの方法を取るのは難しいといえるでしょう。80-19-5

特定調停による解決は裁判所が介入することになります。80-7-5

司法書士等に関わってもらわなくても立場が弱くなってしまう心配はないという点や、解決するための金額を削減できるという点は良いのですが債権者それぞれの取り立てに対し自分で回答しなくてはいけないことに加え管轄の裁判所にことあるたびにおもむくことが必要になる等の留意点もあります。80-5-5

なお、任意整理による手続きとの比較になりますがこの方法で解決が得られない際には利子をすべて付けた額で振り込んでいかなければならない点やあとから見れば債権者に対して払っていく合計額が任意整理による解決と比較して増える傾向があるといった点もあります。副交感神経 交感神経



80-9-5 80-13-5 80-16-5 80-20-5