.

外国為替市場である外国為替証拠金取引に関して追求していきます。

FXというのは二つの貨幣を交換することによってその二つの差し引いた利益を獲得するというような方式となります。

こうした両国の貨幣の中で生み出される差をスワップ金利をいうのです。

このようなスワップ金利のことは本当はスワップポイントといわれているそうです。

FXのスワップ金利(スワップポイント)は、一日ごとに受け取る事が出来ますが、レートの動き方によってわからないのです。

こういうFX(外国為替証拠金取引)のスワップ金利をもらうことをねらってFX(外国為替証拠金取引)の為替の取引をするみなさんもいます。

スワップ金利は、取引するFX業者ごとで違うところがあるのでわずかでも高い業者でやり取りしたい所ですよね。

しかしスワップポイントは為替レートが変わってしまうと一緒に動いてしまうので要注意です。

同時に、為替取引をやるにあたり図表を読めるのが大事になっています。

このチャートを読めると為替取引の変化を読み取る事が可能となると言われています。

外国為替取引に慣れない人が見た時、何を表している図?のように疑問に思えると思いますがポイントを捉えていればチャートを読み取る事が可能となるそうです。

どのタイミングで日本円が上がるだろうとか下降するとか、今が最近では円安になるだろうとこの図表を読める事で判断が可能になり、為替の取引を行う時には大いに便利な情報源となります。

ここで言うチャートは日本では普通ローソク足を使っておりローソクの形みたいなグラフで作られているのです。

このようなローソク足(陰陽足)によって、高値か安値、さらに終値か始値などを表示しておりチャート図においてはいろいろな格好になって行きます。