.

カードローンなどの支払方式は会社によってずれというものがあり、様々なメソッドが選択されてます。79-2-5

類型的なところでは残高スライド方式やリボルディング払法が取り入れられているようです。79-9-5

そしてこんな誰しも知っているリボ払ですが、実際のところ算定方法に様々な手法があるのです。79-6-5

そしてさのごとき種類により引き落しトータルが異なってきてしまうので、理解しておいて損なことはないと思います。ABCクリニック 新宿院

そうしたら理解しやすくこの2つの方法のへだたりに関してを説明していきましょう。酵素ドリンク

ひとつは元金均等払いというものでその次は元利均等払いというものです。79-7-5

両者はそう呼ばれているように、元本に関して均等にして返済していくというのと元本と利子についてを合わせて一様に返済していく方法になります。79-16-5

今回のケースではもしや10万円キャッシングしたと仮定して、実際どのような計算をしていくのかやってみます。79-19-5

利率はいずれも15%と設定し計算します。79-4-5

リボの支払は1万円と仮定し計算します。79-20-5

まずは元金均等払いのほうからです。

こうした折の初回の支払いに関しては1万円へ利息分1250円を足した支払になります。

その次の支払いについては1万円に対して利息1125円を合計した返済額となります。

こうして総回数10回にて支払いをし終えると言う方式になります。

これに対して元利均等払いというのは初回の支払に関しては1万円ですが元金に8750円、利率へ1250円という感じで分配します。

次の支払いに関しては元金が8750円へと減った状態で利子を算定しその1万円を更に分配します。

換言すれば元利均等払いの場合では10回で引き落しが完了しないという算定になるのです。

たったこれだけのずれで二方がどれぐらい変わっているのかということが十分にわかったでしょう。

元利均等は元金均等に比肩して元金が減少していくのが遅いというマイナス面といったものがあります。

すなわち利率といったものをおおく払うといった状態になるわけです。

一方で、はじめの返済が些少な金額で済んでしまったといった強みというものも存在したりするのです。

かかる支払方式の差異に応じて、支払い合計金額というものが異なってくるのでご自分の返済計画に応じた方針を取るようにしてください。



79-3-5