.

外国為替証拠金取引に関しての魅力は一つの投資の商品であるのですが資金投下の期間を「短期」「中期」「長期」の中からどの期間をチョイスするかで、出資のやり方がまるっきり違ってくる点にあります。初めに外貨投資する「長期の投資」について見てみましょう。長期スタンスは一年以上の投資が原則とされているのが通常です。為替相場においては、一年以上も後の相場は円高であるか、あるいは円安かどうかを予測することはほとんど難題です。普通の人は、「後の情勢は予知できない」と考えるのが当然かと思います。考えられないのに一生懸命に考えようとしたところでそれは無茶苦茶な行為なのです。そのことから外国の貨幣を買って、買った時の買いレートよりも円高になったとしてもその分は近いうちに戻ってくるという感じで売り買いに取り組むことが大事です。儲けを無理に大きくするのではなく他からの儲け要はスワップ金利(異なる通貨間の金利格差)で収益を上げることを一番の目標ということでやってみましょう。言うまでもなくちょっとの期間で為替差損にマイナスがひどく膨らむこともあります。そのことから、こういう場合のようなマイナスが大きくなっても影響のないよう、レバレッジをできるだけ少なめにトレードするのが肝心です。FXは、差損がある範囲を上回って更に拡大すると追い証(追加保証金)を求められたりもしくはストップロスになったりします。ストップロスをしたらその時点でやり取りをフィニッシュせざるを得なくなり長期投資をできなくなります。この種の危険を回避するためには、レバレッジ(元の資産より大きなポジションを取る事)を2、3倍ほどで売買するのが良いでしょう。次に中期の投資を狙った取引を見てみましょう。中期のスタンスの場合最大で1、2ヶ月ほど経った頃を推測してのトレードになります。為替の売買の際は、約1ヶ月後のことは、だいたい、先読みしやすいなケースが多いでしょう。先進7カ国蔵相・中央銀行総裁会議(G7)などの国際的な会議の話題為替取引で売買している人たちがどんなところに関心を持っているかを聞いてみればそこそこ想定できるのです。ファンダメンタルズを見る一方でチャートを参照することで、為替の動向を理解する事ができどちらのポジションかを見定めるのがいいでしょう。基本的に経済の基礎的条件とジャッジの両方で良い状況でありもしくはどちらも買い傾向が同じであれば、ほぼ思った通りに動いていくと考えて良いのです。そこで保有高を増やしておけばより大きなリターンを入手できるはずです。第三に短期トレードのポイントです。ここでいう短期トレードはいわゆるデイトレードのことを意味しています。為替でデイトレをするにあたり経済の基礎的条件は関係ないと思います。なぜならば次の日の為替の相場の変化に、ファンダメンタルズは影響しないからです。この場合ポイントは大規模な催し物がある際、それが影響してレートが目立って変化する瞬間を見落とさないようトレードしましょう。たとえば米国において雇用統計が公布される、もしくは金融会議が行われることによって金利が変化するというような催しごと。こんなチャンスに変わり様を見過ごさないという意味で、短期のスタンスは様々なものが欲しいところである。